FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のコト

大変、ご無沙汰しておりました

季節も変わり、私の環境も随分と変わりました

ミシンは、必要に迫れて最低限の物を縫う感じになっています

今日からは、miyuのてんかん治療について、書いていこうと思います。

変わり始めたのは、4月初旬でした

主人の従兄弟の結婚式で親族紹介室に居たのですが、実家から携帯に電話がありました。今日が披露宴だというコトは、しっての電話。ドキドキしながら出ると、朝の新聞は見た?浜松聖隷病院のてんかんセンターの先生の講演会と個別相談の記事がある、申し込みをしたらどうか?という内容の電話でした。

その頃、miyuは毎日、発作を繰り返していて、薬を調整してもらってもなかなか治まらず。どうしたら良いのか全くわからずにいました、今度こそは、薬で治まるかも、今回こそは。っと、そればかりでした。
幸い、治療している病院に情報は流れないというコトだったので、個別相談に申し込みをして、後日、名古屋で相談会に参加できるコトになりました。

いくつか、問診の様なアンケートを事前に送ってからの相談でした。

そこで、私は、ビックリしました。

miyuは、難治性てんかんの疑い。
治療としては、薬、ステロイド治療、更に手術が適用になる可能性アリ。
ウエスト症候群だと診断されたコトはあるか?もしかするとレノックスガストー症候群に移行しているかもしれないと。

どれも、始めて聞くくらいの言葉が並べられました。私は、何も知らなかったのです。

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。